自分を大切にする・生活編

スポンサーリンク
宇宙の法則・潜在意識

こんにちは、Yuriです!
日々、自分を生きるために色々と実践中な私です。

「自分を大切にする」とは、もちろん「内面・精神的な部分」での自己受容や許容がもっとも大事です。しかし、内面を変えるには「外側の行動」から、変化させていく必要もあります。

今回は、外側の行動などについて、自分を大切にすることを書いていきます。

スポンサーリンク

あなたは生活の中で、どれだけ自分を大切にできていますか?

自分の本当の望みを叶えていますか?

「自分を大切にする」ということは、今までの生活全般的に見直す必要がある人も、多いかもしれません。なぜなら、多くの人は、「自分の本当の望みを叶えていない」ことの方が、多いからです。

私も自分自身を振り返り、細かく見てみたところ、生活の中で自分を大切に扱えていなかったことが、たくさんありました。

とくに、私はお金に対してブロックが強く、今もなお、自分自身の意識を変えている途中です。なので、お金に関してはまだ、大きな変化は実感できていません。泣

そして、このお金についてのブロックが強い人は、決まって自分の生活の中で、「自分を大切にできていない=自分の本当の望みを叶えていない」ことが多いです。

なぜなら、全て「お金を基準」にして考えてしまうがあるからです!
まぁ、「お金は大事」「お金は減るもの」というように、教えられ育てられた人の方が多いため、世の中の大半の人はこのようなマインドになってしまうことは、致し方ないことなのですが。。

このような人は、「衣食住」の様々なものを選ぶ際に、「値段」でモノを選びがちです。

そして、生活全般を、お金・値段を基準にしてしまうと、どうしても本当に自分が望んでいるものとは違うもの」を、無意識に選んでしまうことが多くなってしまうため、本来の生き方からずれてしまうこととなるのです!

「不快な気分」は「自分を大切にしていない」というサイン!

本当の自分が望んでいるものとは違うもの」を一つでも選びだしてしまうと、ほぼ全てのものに対して、同じような「値段」を基準にして買うような習慣がついてしまうようになります。

この習慣がついてしまうと、もはや自分の本当の「好き」や「望むもの」が、だんだんわからなくなってしまいます。

そう、自分のワクワクやトキメキなどの感覚が麻痺」してしまうようになるのです!

自分の感覚が麻痺してしまうと、どんどん自分が望んでいるもの」や「自分の望む生活」から、かけ離れていきます。その結果、自分では気付いていなくても、生活が「不快なものだらけ」となってしまうのです!

このような、自分が不快な生活を送っているということは、表面上の意識では気付いていないことも多いです。しかし、いくら感覚が鈍っていても、やはり本来の自分からかけ離れた生活を送っていると、本能的に違和感を人間は感じます

そして、その違和感を感じ続けることにより、現実世界にもその不具合が、現象として起こるようになるわけです。

なぜなら、全ては「今ココ」の自分が感じる「感情」により、その先の未来の現実が創られていくからです!

スポンサーリンク

自分を大切にする=「快適な生活」であること

「快適な生活」かどうかをチェックしてみよう!

と、いうことは。
「不快」を感じたら、本当の自分が望むもの=「快適なもの」へと、変える必要があるということです!

さきほど挙げたような、「衣食住」は、生活に密着したものであるため、快不快がわかりやすいです。
そのため、衣食住を自分が望むもの=快適なものへと変えて行くことが、自分を大切にすることに繋がります。

なので、まずは

  • 自分の部屋の中は好きなものだけが揃っているか?
  • 好きな服だけを厳選しているか?
  • 寝心地のいい寝具を使っているか?
  • 好きなインテリアにこだわっているか?
  • 時間にこだわらず、食べたい時に食べたいものを食べているか?

を、チェックしてみましょう!

これらをつねに意識し、選ぶ基準としていくことで、だんだんと自分が好きなものだけを選ぶことができるようになります。

また、これらを繰り返すことによって、衣食住すべてが自分好みのもので揃えられていくので、自然と快適な空間や生活が送れるようになります^^

コメント